ホーム > 計画と結果報告 > 高度研究能力強化プログラム

計画と結果報告

高度研究能力強化プログラム
この能力養成プログラムは,国際的に最先端のフィールドで活躍出来る高度な研究能力の強化を目指したものです。具体的な実施施策は,次の5点でした。

研究方法論の社会学的基礎の強化

前期課程の1年次に提供される研究方法論科目について,社会哲学的な基礎を提供するため定性的方法論の編成を改革しました。平成21年度では,前期課程の1年生を対象に実証主義,構造主義,解釈主義などの社会哲学的な基礎およびアクションリサーチなどの研究方法を教授する科目として提供されています(図表1)。

図表1 定性的方法論研究 平成21年度 各回の講義テーマ

講義科目のシームレス化

科目体系を院生にわかりやすく伝達するために,古典の理解及び領域の全体像の理解を目的とした基礎理論科目である「特論(第1群)」,数学的・統計的・定性的な各研究方法の基礎を理解するために提供される「方法論(第2群)」,先端的な研究についての方法と知識を修得するための「特殊研究(第3群)」の科目間の連携を図示するようにし(平成19年度以降),平成20年度以降はその実質化に取り組みました。結果として,応用科目である「特殊研究」の科目数および履修者数の増加がみられました(図表2)。在籍者数が100人前後と変わらない中で,特殊研究科目の履修者が顕著な伸びを見せたのは,講義科目のシームレス化の一つの成果であるとみられます。

図表2 特殊研究の開講数と総履修者数

論文作成力養成セミナーシリーズ

論文作成の一助とするため,多様なリサーチセミナーを企画し段階的な研究力の促進を支援しました。リサーチセミナーには,平成19年に開始された「論文作成セミナー」,平成20年に開始された「六甲台セオリーセミナー」,その他学外の先端的な研究者を招聘した「オープンセミナー」を各年次に,それぞれ開催しました。

論文作成セミナーは,平成19年の開始以降,参加者の意見も含めて改善を実施してきました。初回の平成19年は,国内で活躍する研究者を,研究方法ごとに招聘して論文作成の支援を行いました(図表3)。

図表3 平成19年度論文作成セミナーの招聘者と講義内容

平成20年度は,学内から研究者を選抜し,それぞれが持つ進行中の研究報告を基本として実施しました。また,平成20年度より,論文作成セミナーは院生に対して単位を与える公式の科目「方法論特殊研究(論文作成セミナー)」として前期に開講するようにしました(図表4)。

図表4 平成20年度論文作成セミナーの招聘者と講義内容

平成21年度も,前期に「方法論特殊研究(論文作成セミナー)」を実施しましたが,これまでのセミナーから次のような改善をしました。それは,講演者自身の研究をもとに方法論の議論を行うのではなく,参加している院生の研究をもとに方法論の議論を行うスタイルへの変更でした。内容は,データ分析の指導を行うことに特化し,院生には当該院生の指導教員ではない2名の教員を担当者として配置しました。そのうち1人は統計学の専門家,もう1人はその分野やデータ特性に応じた実証研究の専門家です。講義において,教員と院生が所有したデータ,分析手法,さらには担当した教員の一覧は図表5の通りです。

図表5 平成21年度論文作成セミナーの招聘者と講義内容

また,個別の論文に用いられる方法論ではなく,それらの基礎となる理論についてのセミナーも平成20年度より開催しました。単なる研究報告だけではなく,研究の着想から完成への経緯についても論文執筆者に解説をしてもらうことにより,院生がより効率的に論文作成を行えるようになることを意図しました。なお,このセミナーは「六甲台セオリーセミナー」と呼称されています。

平成20年度のセミナーの概要は,図表6の通りです。セミナーだけでなく,最新の手法については,セミナー前に特別講義を設けて大学院生に配慮しました。平成21年度のセミナーの概要は,図表7の通りです。

論文作成セミナーや六甲台セオリーセミナー以外にも,各分野の先端的研究者を適宜招聘するなどして,院生の論文作成能力を高める取り組みを実施しました。

平成19年度は,大連工業大学管理学院の王傑教授を招いて企業関連報告制度の構築における実務家教育についてのセミナーを,また,シンガポール国立大学人文社会科学部のAnthony Chin准教授を招き海外ジャーナルの執筆構想から論文掲載までについてのセミナーをそれぞれ開催しました。

平成20年度は,NUSビジネススクール准教授の山田健准教授を招いて研究内容(“Differences in investor preference, liquidity provision and performance”)および海外ジャーナルへの投稿に関するセミナーを開催しました。さらには,講義科目として,「国際マーケティング方法論特殊講義」を開催し,テンプル大学の小田部先生による海外ジャーナルを意識した論文作成についての講義を実施しました。

さらに,平成20年度には,「大学院生のための研究力・キャリア強化セミナー」を開催しました。これは,若手研究者の研究支援およびキャリア支援のために開催されたセミナーです。本学院生で日本学術振興会の新井康平特別研究員および山崎喜代宏特別研究員による「日本学術振興会特別研究員になるということ」,慶應義塾大学の吉田栄介准教授による「日本学術振興会特別研究員を経験して」,研究科長(当時)である加登豊から「研究職につくために」,大阪経済大学の太田一樹教授,近畿大学の廣田教授,そして本学の栗木契准教授による「研究者キャリアの第一歩を踏み出すために:ジョブマーケットの実際」といった講演が行われました。参加者61名中,経営学研究科の院生は41名であり,後は本学経済学研究科院生(2名),本学法学研究科院生(4名),本学国際協力研究科院生(3名),本学国際文化学研究科院生(1名),近畿大学商学研究科(1名),慶應義塾大学商学研究科(3名),横浜国立大学大学院国際社会科学研究科(1名)和歌山大学経済学研究科(1名),早稲田大学商学研究科(2名), その他学部生(2名)という参加状況でした。

平成21年度は,国際学会での発表を支援するため,“Inter Cultural Communication Seminar”を開催しました。本学の特別研究員であるElena Groznayaを講師として,週2回7週間にわたり国際学会での英語コミュニケーション能力を育成するための講義を実施しました。

図表6 平成20年度六甲台セオリーセミナーの招聘者と講義内容

図表7 平成21年度六甲台セオリーセミナーの招聘者と講義内容

集団による博士論文指導

博士論文に向けた初期成果を確認する「第二論文」を提出し合格した院生には,論文指導委員会を組織し,集団指導による博士論文の指導体制を確立して研究能力の養成を行いました。各年度における集団指導体制の概要は図表8の通りです。

図表8 論文指導委員会による集団指導体制の実施状況

個別プロジェクトの実施

上記施策に加え,個々の院生の研究テーマについて高度な研究を推進できるよう個別プロジェクトを実施しました。この目的は,個々の院生の研究テーマを推進させることで,学会発表や論文に結びつけること,そして,文部科学省科学研究費の申請方法に準じたプロポーザル方式をとることによって(院生単独プロジェクト),研究の成果志向と計画性を高めることにありました。具体的には,院生が単独で行う研究,院生が経営学研究科の教員と行う共同研究,ならびに院生が経営学研究科教員および経営学研究科を修了した研究者の3者で行う共同研究の3つのカテゴリーで,それぞれ研究計画書を提出し,その研究計画を審査して研究支援を行いました。採用された研究の一覧は,図表9の通りです。

図表9 研究力養成に関連したプロジェクト一覧



神戸大学大学院経営学研究科
神戸大学サイト
大学院教育改革支援プログラム 日本学術振興会